Top / 見に行こう、ncjの家。/奈良市青野町 S様邸

奈良市青野町 S様

使い心地に大満足!ご家族の生活を快適にサポートするお家

敷地面積
172.30㎡(52.12坪)
延床面積
99.26㎡(30.02坪)
1F:52.99㎡(16.03坪)
2F:46.27㎡(14.00坪)

外観
バルコニーから下へ玄関ホールまでをレンガ調にしたツートンの外壁を望むS様邸。門扉にもそのイメージをあしらっています。漆黒のラティスがエントランスのポイントになって、ゆったりとお客様を迎えられるスペースに。

ご家族のライフスタイルを熟考したお家づくり

二人目のお子様が誕生した事をきっかけに、分譲マンションから一戸建てへの買い替えを検討されたS様。「マンションだとやっぱり狭いと感じるようになったので」と話すご夫婦が、新しいお家に求められたのは何だったのでしょうか?
まず立地。共働きということで、通勤の為に駅が近い事、お子様の為に学校が近いことは外せない条件でした。これらを満たしていることが決め手になって、当社でお家を建てることにしたそうです。

「リビングとキッチンは極力広くしたい」との言葉どおり仕上がったリビングは、一体使いが出来る和室と吹き抜けを設けて、広々とした空間に。特にリビングの吹抜けは採光はもちろん、天井が高いことで開放感も抜群。これだけ開放的でも断熱材アクアフォームと遮断シートのおかげで冬場も床暖房だけで暖かく過ごすことができたそうです。
吹抜けで採光の良いリビングから和室へと続く開放感のある空間。ご主人もリラックスできる場所になっています。

和室


ダイニング
▲キッチンも新居では十分な広さを確保。さらに、奥には階段下を有効活用したパントリースペースも設け、買い置きの食品類の収納もばっちり。

バルコニー
▲「これは絶対にほしい!」というご夫婦の強い希望があったのはインナーバルコニー。
洗濯物を小まめに取り込むことが出来ない状況でも、庇もついたこのバルコニーなら、突然の雨でも心配なさそうです。

▼一番のこだわりはマンションでの教訓を踏まえたこのお風呂場。「マンションのお風呂はバスタブがとても大きくて、水道代がかなり高かったので」と新しいお家ではバスタブを小さめにして、その分子供達と一緒に入ることを考えて洗い場を広くされました。必要ではないものは小さくする、自由設計だからこそできる発想です。

バスルーム

S様ご家族

明るく開放的な室内ですが、アクアフォームのおかげで冬場も床暖房だけでも温かく過ごせたそうです。

ライフスタイルに合った新しいお家でご夫婦・お子様達は快適な生活を送っておられるご様子でした。

当社担当平川とS様ご家族
当社担当平川とS様ご家族

一覧へ戻る